記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
 主情報
名称 吉田の火祭
ふりがな よしだのひまつり


吉田の火祭
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 風俗慣習
種別2 祭礼(信仰)
その他参考となるべき事項 公開日:毎年8月26・27日(※選択当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください) 記録:『吉田の火祭』(富士吉田市教育委員会・平成17年3月31日) ※この行事は平成24年3月8日に重要無形民俗文化財に指定されています。
選択番号 1
選択年月日 2000.12.25(平成12.12.25)
追加年月日
選択基準1 (一)由来、内容等において我が国民の基盤的な生活文化の特色を示すもので典型的なもの
選択基準2
選択基準3
所在都道府県 山梨県
所在地
保護団体名 北口本宮冨士浅間神社


吉田の火祭
写真一覧
解説文:
 この行事は、富士北麓に位置する北口本宮冨士浅間神社と諏訪神社の祭りで、富士山の夏山登拝の終わりを告げるお山仕舞いの祭りである。26日は、諏訪神社の神輿と、オヤマサンなどと呼ばれる富士山型の神輿が御旅所まで巡行する。神輿が御旅所に着くと、上吉田の御師街に立てられた大松明が点火され、次いで沿道の家々の井桁積松明や富士山5合目から上の山小屋でも篝火が焚かれる。人びとは大松明の下を通り抜け、富士講の人たちは宿坊の前でオガミをあげるなど講の行事を行う。27日は、御旅所から神輿が神社へ還御する。(※解説は選択当時のものをもとにしています)
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし