記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
 主情報
名称 薩摩の馬踊りの習俗
ふりがな さつまのうまおどりのしゅうぞく
薩摩の馬踊りの習俗
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 風俗慣習
種別2 祭礼(信仰)
その他参考となるべき事項 公開日:毎年旧暦1月18日の次の日曜日ほか(※選択当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
映像:『薩摩の馬踊りの習俗』(企画文化庁・制作NHKサービスセンター・平成25年3月)
選択番号 1
選択年月日 2002.02.12(平成14.02.12)
追加年月日
選択基準1 (一)由来、内容等において我が国民の基盤的な生活文化の特色を示すもので典型的なもの
選択基準2
選択基準3
所在都道府県 鹿児島県
所在地
保護団体名 特定せず
薩摩の馬踊りの習俗
写真一覧
解説文:
 この習俗は、綺麗に飾った馬と多数の踊り子が三味線や鉦、太鼓などの囃子に合わせて踊るもので、馬踊りまたは鈴掛け馬と呼ばれる。本来の目的は、馬の健康・多産と農作物の豊穣の祈願であったが、現在では厄払いや歳祝い、商売繁盛などの目的で奉納されるほか、上棟式や婚礼などに踊り子だけで馬踊りを行う風習もみられるようになってきている。(※解説は選択当時のものをもとにしています)
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし