史跡名勝天然記念物
 主情報
名称 大町釈迦堂口遺跡
ふりがな おおまちしゃかどうぐちいせき
大町釈迦堂口遺跡(造成遺構・石垣)
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
種別1 史跡
種別2
時代 中世
年代
西暦
面積 14981.08 m2
その他参考となるべき事項
告示番号 123
特別区分 特別以外
指定年月日 2010.08.05(平成22.08.05)
特別指定年月日
追加年月日
指定基準 三.社寺の跡又は旧境内その他祭祀信仰に関する遺跡
所在都道府県 神奈川県
所在地(市区町村) 神奈川県鎌倉市大町
保管施設の名称
所有者種別
所有者名
管理団体・管理責任者名
大町釈迦堂口遺跡(造成遺構・石垣)
写真一覧
地図表示
解説文:
 13世紀後半以降、丘陵部を削平するなどの手法により谷戸の造成がおこなわれた。平場には礎石建物や掘立柱建物、火葬跡等がつくられ、背後の丘陵部のやぐら群とともに15世紀に至るまで土地利用がくり返された。中世鎌倉の開発の歴史を知るうえで重要な遺跡。
関連情報
    (情報の有無)
  指定等後に行った措置 なし
  添付ファイル なし