史跡名勝天然記念物
 主情報
名称 会下山遺跡
ふりがな えげのやまいせき


会下山遺跡
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
種別1 史跡
種別2
時代 弥生時代中期から後期
年代
西暦
面積 74977.97
その他参考となるべき事項
告示番号 11
特別区分 特別以外
指定年月日 2011.02.07(平成23.02.07)
特別指定年月日
追加年月日
指定基準 一.貝塚、集落跡、古墳その他この類の遺跡
所在都道府県 兵庫県
所在地(市区町村) 兵庫県芦屋市
保管施設の名称
所有者種別
所有者名
管理団体・管理責任者名


会下山遺跡
写真一覧
地図表示
解説文:
兵庫県南西部、六甲山系の標高201mを最高部とする丘陵とその斜面に所在する、弥生時代中・後期の集落跡。弥生時代、集落は低地に営まれるようになったが、丘陵や山上の集落は高地性集落と呼ばれてきた。本遺跡は弥生時代の集落形態及びその社会を知る上で重要であるとともに、学史的にも著名。
関連情報
    (情報の有無)
  指定等後に行った措置 なし
  添付ファイル なし