史跡名勝天然記念物
 主情報
名称 小鶴津の興津メランジュ及びシュードタキライト
ふりがな こつるつのおきつめらんじゅおよびしゅーどたきらいと


シュードタキライト
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
種別1 天然記念物
種別2
時代
年代
西暦
面積 78963
その他参考となるべき事項
告示番号 13
特別区分 特別以外
指定年月日 2011.02.07(平成23.02.07)
特別指定年月日
追加年月日
指定基準 (一)岩石、鉱物及び化石の産出状態,(二)地層の整合及び不整合,(三)地層の摺曲及び衝上,(五)地震断層など地塊運動に関する現象,(七)岩石の組織
所在都道府県 高知県
所在地(市区町村) 高知県高岡郡四万十町
保管施設の名称
所有者種別
所有者名
管理団体・管理責任者名


シュードタキライト
写真一覧
地図表示
解説文:
四万十町小鶴津の海岸には、四万十帯と呼ばれる地層が広く分布する。四万十帯の地層は、海洋プレートとともに日本列島にやってきた岩石が、沈み込む際に混じり合ったメランジュと呼ばれる部分と、陸側から運ばれて堆積した砂岩泥岩の地層とからできている。二つの地層の間には、断層があるが、この断層は、過去の南海地震などの海溝型の巨大地震の震源断層と言われており、地震防災上も重要。
関連情報
    (情報の有無)
  指定等後に行った措置 なし
  添付ファイル なし