史跡名勝天然記念物
 主情報
名称 与楽古墳群
 与楽鑵子塚古墳
 与楽カンジョ古墳
 寺崎白壁塚古墳
ふりがな ようらくこふんぐん
 ようらくかんすづかこふん
 ようらくかんじょこふん
 てらさきしらかべづかこふん


与楽鑵子塚古墳石室
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
種別1 史跡
種別2
時代 古墳後期・終末期
年代
西暦
面積 18649
その他参考となるべき事項
告示番号 39
特別区分 特別以外
指定年月日 2013.03.27(平成25.03.27)
特別指定年月日
追加年月日 2017.02.09(平成29.02.09)
指定基準 一.貝塚、集落跡、古墳その他この類の遺跡
所在都道府県 奈良県
所在地(市区町村) 奈良県高市郡高取町
保管施設の名称
所有者種別
所有者名
管理団体・管理責任者名


与楽鑵子塚古墳石室
写真一覧
地図表示
解説文:
飛鳥地域の西方の地に6世紀後半~7世紀前半にかけて築造された3基の古墳群。古墳時代後期・終末期の奈良県において卓越した内容をもつ首(しゅ)長(ちょう)墓(ぼ)であり、古墳の墳形及び埋葬施設の構造の変遷をたどれるとともに、当時の渡来(とらい)系(けい)氏族(しぞく)の政治的・経済的地位の一端を知る上で重要である。
関連情報
    (情報の有無)
  指定等後に行った措置
  添付ファイル なし