史跡名勝天然記念物
 主情報
名称 岩切城跡
ふりがな いわきりじょうあと
岩切城跡
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
種別1 史跡
種別2
時代
年代
西暦
面積
その他参考となるべき事項
告示番号
特別区分
指定年月日 1982.08.23(昭和57.08.23)
特別指定年月日
追加年月日 1990.04.27(平成2.04.27)
指定基準 二.都城跡、国郡庁跡、城跡、官公庁、戦跡その他政治に関する遺跡
所在都道府県 宮城県
所在地(市区町村) 仙台市宮城野区岩切、宮城郡利府町
保管施設の名称
所有者種別
所有者名
管理団体・管理責任者名
岩切城跡
写真一覧
地図表示
解説文:
 岩切城は、留守氏の居城として知られ、その所領は本領の岩切・利府・多賀城を中心としている。
 城は、仙台市岩切から利府町神谷沢にまたがる、東西約500メートル、南北約400メートルの天険の地を城域とした山城で、標高106メートルの高森山の尾根を3?4段に削平して中心の郭を設け、峰続きの台地や谷を隔てた台地の各所にも各郭を置き、堀割を作って守りをかためている。これらの諸郭は、少なくとも南北朝時代から留守氏全盛の戦国時代へと順次拡大、整備されていったものと考えられ、まさに東北地方における典型的な山城といえるものである。
関連情報
    (情報の有無)
  指定等後に行った措置
  添付ファイル なし