史跡名勝天然記念物
 主情報
名称 観音山古墳
ふりがな かんのんやまこふん


観音山古墳 全景上空から
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
種別1 史跡
種別2
時代
年代
西暦
面積
その他参考となるべき事項
告示番号
特別区分
指定年月日 1973.04.14(昭和48.04.14)
特別指定年月日
追加年月日
指定基準 一.貝塚、集落跡、古墳その他この類の遺跡
所在都道府県 群馬県
所在地(市区町村) 高崎市綿貫町・台新田町
保管施設の名称
所有者種別
所有者名
管理団体・管理責任者名


観音山古墳 全景上空から
写真一覧
地図表示
解説文:
 高崎市の東方6キロ、井野川西岸の平野に北面して築造された前方後円墳である。墳丘は2段に築成され、全長約100メートル、前方部の幅と後円部の径、前方部の高さと後円部の高さはほぼ等しい数値を示し、二重の周濠をめぐらし整った形態をしている。墳丘上の各所には埴輪を配置しているが、葺石[ふきいし]は全く認められない。
 主体部は後円部中段に横穴式石室が西南に向かって開口するように設けられており、石室内はほぼ埋葬当時の状態を保っていた。出土遺物はきわめて豊富で、鏡・装身具・武器・武具・馬具・銅製水瓶・土師器・須恵器等がある。中でも銅製水瓶、金銅製花弁付鈴等、従来類をみないものを含んでいる点が注意され、その年代は7世紀代に下るものと思われる。
関連情報
    (情報の有無)
  指定等後に行った措置 なし
  添付ファイル なし