史跡名勝天然記念物
 主情報
名称 薬師岳の圏谷群
ふりがな やくしだけのけんこくぐん

地図表示▶ 解説表示▶
種別1 特別天然記念物
種別2
時代
年代
西暦
面積
その他参考となるべき事項
告示番号
特別区分
指定年月日 1945.02.22(昭和20.02.22)
特別指定年月日 1952.03.29(昭和27.03.29)
追加年月日
指定基準 (十一)氷雪霜の営力による現象
所在都道府県 富山県
所在地(市区町村) 富山市
保管施設の名称
所有者種別
所有者名
管理団体・管理責任者名


地図表示
解説文:
 薬師岳(2.926メートル)は流紋岩によりて構成せられる連峰にして山稜の東側には四箇の圏谷あり相接して竝び圏谷底は2.700メートル内外の高度にあり七.八月の候には残雪を存す、氷雪の浸蝕による山形の變化を示す好例として知られ其の特異なる景觀は遠方より識別するを得べく我が國に於ける此の種地形として最も著しきものの一なり。
 薬師岳は流絞岩によって構成される連峰であって山稜の東側には四個の圏谷が相接して竝び、圏谷の底は2,700メートル内外の高度にある。
 氷雪の浸蝕による山形の変化を示す好例として知られ、その特異な景観は遠方より識別することが出来、わが国におけるこの種地形の最も著しいものとして学術上特に価値が高いものである。
関連情報
    (情報の有無)
  指定等後に行った措置
  添付ファイル なし