登録記念物
 主情報
名称 旧武雄邑主鍋島氏別邸庭園(御船山楽園)
ふりがな きゅうたけおゆうしゅなべしましべっていていえん(みふねやまらくえん)
旧武雄邑主鍋島氏別邸庭園(御船山庭園)
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
種別1 登録記念物(名勝地関係)
種別2
時代 近世
年代
西暦
面積 142428 m2
その他参考となるべき事項
登録番号
登録年月日 2010.02.22(平成22.02.22)
追加年月日
登録基準 一.公園、庭園
所在都道府県 佐賀県
所在地(市区町村) 佐賀県武雄市大字武雄
保管施設の名称
所有者種別
所有者名
管理団体・管理責任者名
旧武雄邑主鍋島氏別邸庭園(御船山庭園)
写真一覧
地図表示
解説文:
御船山の断崖絶壁の南西麓において、弘化2年(1845)に武雄邑主鍋島茂義が造った、「萩の尾園」という別邸の池泉庭園を基礎とし、明治末年以後にサクラや大量のツツジが植えられることで遊覧の名所として発展した庭園。
関連情報
    (情報の有無)
  指定等後に行った措置 なし
  添付ファイル なし