登録有形文化財(建造物)
 主情報
名称 高龍寺水盤舎
ふりがな こうりゅうじすいばんしゃ
高龍寺水盤舎
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別1 宗教
種別2 その他工作
時代 大正
年代 大正6年頃
西暦 1917頃
構造及び形式等 木造、銅板葺、面積8.7㎡、水盤付
その他参考となるべき事項
登録番号
登録回 72
登録告示年月日 2012.02.23(平成24.02.23)
登録年月日 2012.02.23(平成24.02.23)
追加年月日
登録基準1 国土の歴史的景観に寄与しているもの
登録基準2
所在都道府県 北海道
所在地 北海道函館市船見町21-3
保管施設の名称
所有者名 宗教法人高龍寺
所有者種別 非営利法人
管理団体・管理責任者名
高龍寺水盤舎
写真一覧
地図表示
解説文:
金毘羅堂と位牌堂間の前面に南北棟で建つ。方1間入母屋造銅板葺で、東西面に軒唐破風を付す。柱間を吹放ちとし、三斗上に小組格天井を張る。蟇股などの立体的で充実した彫刻は山門や金毘羅堂と類似し、澤田吉平ら越後大工による普請と考えられる。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし