国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 高照神社
ふりがな たかてるじんじゃ
棟名 随神門
棟名ふりがな ずいしんもん


随神門
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近世以前/神社
時代 江戸後期
年代 文化7
西暦 1810
構造及び形式等 三間一戸八脚門、切妻造、鉄板葺
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02480
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2006.07.05(平成18.07.05)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (三)歴史的価値の高いもの
重文指定基準2 (五)流派的又は地方的特色において顕著なもの
所在都道府県 青森県
所在地 青森県弘前市大字高岡
保管施設の名称
所有者名 高照神社
所有者種別
管理団体・管理責任者名


随神門
写真一覧
地図表示
解説文:
 高照神社は,弘前藩第4代藩主の津軽信政を祀る廟所が営まれたことに始まる。
 東から鳥居,随神門,拝殿及び幣殿,中門,本殿が東西軸上に建ち並び,津軽信政公墓のある廟所は,本殿の約200m西方にある。
 年代は,津軽信政公墓が宝永7年(1710),廟所拝殿が正徳元年(1711),本殿,中門が正徳2年(1712),拝殿及び幣殿が宝暦5年(1755)と判明する。
 高照神社は,吉川神道に基づく独特な社殿構成であり,全国的にほとんど類例がなく,近世神社建築の展開の一端を示すものとして,高い価値がある。
 本殿や拝殿及び幣殿は,規模と形式が充実し,装飾細部も優れ,各時期の造形をよく現しており,地方的特色を具備する重要な遺構である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし