国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 尾﨑家住宅(鳥取県東伯郡湯梨浜町)
ふりがな おさきけじゅうたく
棟名 門長屋
棟名ふりがな もんながや


尾﨑家住宅門長屋
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近世以前/民家
時代 江戸中期
年代 18世紀中期
西暦 1701-1800
構造及び形式等 桁行16.5m、梁間4.9m、二階建、切妻造、西面庇付、桟瓦葺
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02601
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2013.08.07(平成25.08.07)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (五)流派的又は地方的特色において顕著なもの
重文指定基準2
所在都道府県 鳥取県
所在地 鳥取県東伯郡湯梨浜町大字宇野1518番地
保管施設の名称
所有者名
所有者種別
管理団体・管理責任者名


尾﨑家住宅門長屋
写真一覧
地図表示
解説文:
尾﨑家住宅は、湯梨浜町の北端、日本海に面した宇野の集落に位置する。尾﨑家は、室町時代に宇野に入り、近世には庄屋を勤め、18世紀中期に現在の敷地に移転し、主屋、仏間、門長屋、土蔵群を新築した。主屋と同時期に作庭された庭「松甫園」は名勝に指定されている。主屋は、土間の独立柱など古い形式を残す一方、庭に面して数寄屋座敷を持つなど新しい要素も見られ、当地方の農家住宅の発展過程を示す。尾﨑家住宅は、18世紀中期に遡る大規模な主屋をもち、仏間、土蔵群、門長屋は当地方の大規模農家の屋敷構えを伝えるものとして価値が高い。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし