国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 本源寺
ふりがな ほんげんじ
棟名 庫裏
棟名ふりがな くり


本源寺庫裏 南西面
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近世以前/寺院
時代 江戸中期
年代 延宝頃
西暦 1673-1681
構造及び形式等 桁行20.0m、梁間12.0m、一重、一部二階、切妻造、妻入、南面庇付、東北西面下屋及び西面渡廊下附属、桟瓦葺
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02602
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2013.08.07(平成25.08.07)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (三)歴史的価値の高いもの
重文指定基準2
所在都道府県 岡山県
所在地 岡山県津山市小田中
保管施設の名称
所有者名 本源寺
所有者種別 寺院
管理団体・管理責任者名


本源寺庫裏 南西面
写真一覧
地図表示
解説文:
本源寺は、津山市街西部に位置する臨済宗妙心寺派の寺院で、津山城主森家の菩提寺として、慶長12年(1607)に現在の境内が整備された。境内中央に本堂が建ち、東に庫裏が並ぶ。本堂北西が森家の墓所で、霊屋と霊屋表門を配す。本堂は、慶長12年上棟の方丈形式の本堂で、六間取を基本として、北西に御座間、位牌壇を配する。正面は改造されているが、柱や梁組などの主要構造は当初の様子をよく留めている。庫裏は本堂よりやや下り、延宝(1673~1681)頃の建築とみられる。霊屋は、寛永16年(1639)建立で正面の向拝に精緻な地紋彫を施し、内部も優美に飾る。本源寺は、桃山時代の本堂を中心として、庫裏、中門、霊屋など、江戸中期までに整備された建物が残されている。地方における大名家菩提寺として建てられた臨済宗寺院建築の初期の遺構として価値が高い。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし