国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 熊本城
ふりがな くまもとじょう
棟名 東十八間櫓
棟名ふりがな ひがしじゅうはちけんやぐら


熊本城
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近世以前/城郭
時代 桃山
年代 慶長6~12
西暦 1601~1607
構造及び形式等 一重櫓、本瓦葺
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 00915
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 1933.01.23(昭和8.01.23)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1
重文指定基準2
所在都道府県 熊本県
所在地 熊本県熊本市中央区本丸および二ノ丸
保管施設の名称
所有者名 国(文部科学省)
所有者種別
管理団体・管理責任者名 熊本市


熊本城
写真一覧
地図表示
解説文:
 熊本城は、加藤清正によって築かれたもので、慶長6年起工、同12年に竣工した。
 宇土櫓は、慶長の造営時に小西行長が築いた宇土城の三層五重の天守を移築したもので、桃山時代初期の天守の様式を示している。
 そのほかの櫓、門、塀には慶長期の建築と幕末の建築があり、いずれも建築当時の姿をよくとどめている。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  添付ファイル なし