国宝・重要文化財(建造物)
 各棟情報
名称 岩屋熊野座神社
ふりがな いわやくまのざじんじゃ
棟名 中央殿
棟名ふりがな ちゅうおうでん


岩屋熊野座神社本殿(中央殿)
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1棟
種別 近世以前/神社
時代 桃山
年代 天正年間
西暦 1573-1593
構造及び形式等 一間社流見世棚造、板葺
創建及び沿革
棟礼、墨書、その他参考となるべき事項
指定番号 02420
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 2002.12.26(平成14.12.26)
国宝指定年月日
追加年月日
重文指定基準1 (五)流派的又は地方的特色において顕著なもの
重文指定基準2
所在都道府県 熊本県
所在地 熊本県人吉市東間上町
保管施設の名称
所有者名 岩屋熊野座神社
所有者種別
管理団体・管理責任者名


岩屋熊野座神社本殿(中央殿)
写真一覧
地図表示
解説文:
岩屋熊野座神社は,人吉城の南方に位置している。鎌倉時代以前に草創されたと考えられる。社地の西端に鳥居を構え,長い参道が続き,境内は前面に広場を取って拝殿と覆屋が建っている。
 本殿三棟は,いずれも一間社流見世棚造の小型の社殿で,覆屋内部に並んでいる。中央殿と左殿は,構造手法や様式から見て天正年間の建立と推定される。右殿は,拝殿や覆屋などとともに,享保12年(1727)の建立と考えられる。鳥居は石造の両部鳥居で,元禄14年(1701)の建立である。
 岩屋熊野座神社は,三棟の本殿を覆屋内におさめた独特の構成になり,これを中心に社殿がまとまって残り,高い価値がある。
 とくに本殿の細部は地方的特色を強くあらわし,九州地方における中世に遡る神社本殿の意匠,技法を知る上で,貴重である。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定
  添付ファイル なし