国宝・重要文化財(美術品)
 主情報
名称 三十二間二方白星兜鉢
ふりがな さんじゅうにけんにほうじろほしかぶとばち
三十二間二方白星兜鉢
写真一覧▶ 地図表示▶ 解説表示▶
員数 1頭
種別 工芸品
日本
時代 鎌倉
年代
西暦
作者
寸法・重量 前後径22.5  左右径21.0  深11.5  天辺孔径3.3  (㎝)
品質・形状 鉄黒漆塗三十二枚張。地星二十大間。星一行十三点。腰巻一点宛。八幡座。鍍金星一点宛。二方白鍍金地板伏せ、正中鎬垂菊座付五條、先花先形、左右と中星十二点、中の左右十一点、後…
ト書
画賛・奥書・銘文等
伝来・その他参考となるべき事項
指定番号(登録番号) 02002
枝番 00
国宝・重文区分 重要文化財
重文指定年月日 1959.06.27(昭和34.06.27)
国宝指定年月日
追加年月日
所在都道府県 広島県
所在地 広島県呉市広大新開3-3-4
保管施設の名称 呉武田学園歴史展示室
所有者名 学校法人呉武田学園
管理団体・管理責任者名
三十二間二方白星兜鉢
写真一覧
地図表示
解説文:
形姿良く整い、手法も堅緻な兜鉢である。この時代の遺品は、現存するものが少なく、その中でも優品の一つである。安芸武田家に伝来したもので、安芸国銀山城主武田信武所用と伝える。
関連情報
    (情報の有無)
  附指定 なし
  一つ書 なし
  添付ファイル なし