重要無形民俗文化財
 主情報
名称 雪祭
ふりがな ゆきまつり


雪祭
写真一覧▶ 解説表示▶
種別1 民俗芸能
種別2 その他
その他参考となるべき事項
指定証書番号 1
指定年月日 1977.05.17(昭和52.05.17)
追加年月日
指定基準1
指定基準2
指定基準3
所在都道府県 長野県
所在地
保護団体名 伊豆神社雪祭り保存会


雪祭
写真一覧
解説文:
 これは伊豆神社の祭りで、古くは御神事、田楽祭などとも呼ばれた。雪祭の名は、大正年間折口信夫がこの地を訪れて以来のことで、この祭が、雪を豊年の予兆とみて必ず神前に供えなければならないという民俗をもっているところからきたものという。
 芸能は内輪衆、上手(わで)衆、平(ひら)、後立(ごたつ)、市子(いちこ)などの演技者組織をもって行なわれ、十四日午後伊豆神社で、まず神楽殿の儀、がらん様の祭、本殿の儀がそれぞれ「びんざさら舞」「ろん舞」「万歳楽」などの舞をもって奉仕される。ついで庭上に大松明を立てて、それに御船渡しを行ない、その下で庭能(さいほう、もどき、翁、まつかげ、田遊びなど)が夜を徹して演じられる。これは芸能史の研究に重要な資料と暗示を提供し、斯学の発展に一大飛躍をもたらしたものである。
関連情報
    (情報の有無)
  添付ファイル なし