世界遺産
 主情報
名称 古都京都の文化財
ふりがな こときょうとのぶんかざい
構成資産 賀茂別雷神社(上賀茂神社)、賀茂御祖神社(下鴨神社)、教王護国寺、清水寺、延暦寺、醍醐寺、仁和寺、平等院、宇治上神社、高山寺、西芳寺、天龍寺、鹿苑寺、慈照寺、龍安寺、本願寺、二条城
登録基準1
登録基準2 京都は、8世紀から17世紀にかけて、宗教及び非宗教の建築及び庭園の意匠における発展の中心であった。そのため、京都は日本の文化的伝統の形成に決定的な役割を果たし、その結果、19世紀以降には、特に庭園の分野において世界の他の地域に重大な影響を与えた。
登録基準3
登録基準4 京都に残された記念工作物に見る一群の建築及び庭園の意匠は、近代以前の日本の物質文化のこの側面における最高の表現である。
登録基準5
登録基準6
所在都道府県 2県以上
所在地(市区町村) 京都府京都市 京都府宇治市 滋賀県大津市
解説文:
 京都は794年から1868年にかけて天皇が居所をおいた日本の首都であり、武家政権が政治の中心を鎌倉と江戸に移した時期以外、文化・経済・政治の中心として繁栄しました。  京都は北、西、東の三方を丘陵に囲まれた盆地という地理的特徴を利用して建設された都市です。中央の平地部では、幾多の兵火に見舞われて火災が頻発し、多くの建物などが失われては再興されるという繰返しでした。しかし、周辺の山麓部は災害を免れ、起伏に富んだ自然地形を利用して建てられた大寺院や山荘・庭園がいまでも多数残されています。  平地部にも東寺や二条城などの大きな規模の記念物や各種の伝統的な住宅様式を示す町並みなどの文化遺産が、条坊制の中に残っています。8世紀に創建された東寺には、11世紀から19世紀にいたる各時代の建物が建ち並び、16世紀に建造された二条城には、広大な敷地に当時の華やかな建物が残っています。
構成資産
  賀茂別雷神社
  賀茂御祖神社
  教王護国寺
  清水寺
  延暦寺
  醍醐寺
  仁和寺
  平等院
  宇治上神社
  高山寺
  西芳寺
  天龍寺
  鹿苑寺
  慈照寺
  龍安寺
  本願寺
  二条城